IPv6

導入

次世代インターネット接続方式の概要を理解するには、IPv4とIPv6の違い、さらにはPPPoEとIPoEの違いを理解しておく必要があります。また、「IPv4 over IPv6」という技術についても知っておいてください。


スマホやタブレットなどの爆発的な普及から、インターネットの利用がより身近に、より簡単になった現代。いつでも情報収集や動画閲覧ができるのは便利ですが、時間帯によっては速度が遅くなったり、動画がカクカクして見られなくなったりしたことはありませんか?

ネット利用頻度が増えるにつれ、だんだんとストレスになっていくこの問題。そんな中、「IPv6を使えば、通信速度が改善されてサクサクネットができる!?」という方法があること、ご存知でしょうか? そこで今回は、インターネットの通信方法であるIPv6の正体と、その仕組みについてご紹介します。


IPv6インターネット環境は、従来のIPv4環境とは異なる部分も多くある。Web上にはそれを解説した記事やブログサイトが多くあるが、中には現在では古くなってしまった情報や誤った情報も入り交じっており、インターネットユーザーの混乱を招く原因となっている。

 そこで今回は、IPv6とv6プラスに対する代表的な3つの“ウワサ”を取り上げて、それを2021年現在の情報に基づいてファクトチェックしてみることにした。


IPv6とは、世界的なインターネット人口増加により枯渇してきている従来のインターネットプロトコル(IP)であるIPv4に変わる新しいバージョンのIPです。


インターネットでデータをやりとりするために「IP(インターネットプロトコル)」というルール(規格)が定められています。インターネットの利用者や接続機器の増加に伴い、従来の規格「IPv4」に変わって新たに登場したのが次世代規格「IPv6」です。IPv6に対応した通信方式を利用することで、回線の混雑を避けることができます。


従来のPPPoE方式*1によるインターネット接続機能に加えて、ネットワーク設備の大容量化およびIPv6対応を可能にするIPoE方式*2のインターネット接続機能を導入します。これにより、IPv4通信とIPv6通信の分散化を行うことで、利用の集中による混雑の緩和を図り、通信品質の向上に努めます。







とは

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数です。

IPv6の特徴はそれだけではありません。宅内端末などに付与されるIPv6アドレスはMACアドレス(各端末・機器に割り当てられた固有の識別番号)をベースに自動設定されるため、利用者はIPv6アドレスの設計や設定が基本的には不要です。また、潤沢なアドレス空間を持つことにより、家電類も含め様々な機器がIPv6アドレスを使えるようになります。すでに、携帯事業者が提供しているインターネット接続サービスにおいてはIPv6アドレスが標準的に利用されるようになっていますが、コンテンツ供給側(サーバー)はIPv4だけでなくIPv6対応も進められています。GoogleのYouTubeやGmail、FacebookのサイトはすでにIPv6対応ですね。


「IPv6(アイピーブイロク)」とは、Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)の略。「プロトコル」とは、インターネットでコンピューターが情報の送受信をする際に用いるルールのこと。私たちは日々ネットで検索したり、動画を見たりしていますが、画面の裏では膨大な数の情報が飛び交っていて、それらを管理するためのルールが定められています。

インターネットに接続している機器(パソコンやスマホなど)には、通常「IPアドレス」と呼ばれる識別番号が付きます。情報を表示させるために必要な、ネット上の住所みたいなものです。今までは「IPv4」と呼ばれるプロトコルがIPアドレスを管理していましたが、近い将来そのIPアドレスが使い尽くされて不足してしまうため、新しいプロトコル「IPv6」が誕生しました。

IPv4では43億個のアドレスがありましたが、IPv6ではケタ違いに増えてなんと340澗(かん)個!(澗は10の36乗) これだけあれば、事実上枯渇することはないと考えられています。郵便番号が5桁から7桁に変わったときや、携帯の電話番号が「090」だけではなく「080」も追加になったときと同じと考えれば、イメージしやすいのではないでしょうか。

この新しいIPv6を使うとインターネットの混雑を回避して、速度改善が期待できるといわれています。


Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。「IPv6アドレス」も参照

現在主流のIPv4では使用可能なIPアドレスが約 232(約43億 = 4.3×109)個であったが、IPv6では約 2128(約340 = 3.4×1038)個使用可能となっており、大きな特徴の一つである[1]。実際、ISPの一般向けIPv4接続サービスはアドレスをひとつだけ割り当てるものが主流だが、IPv6接続サービスでは/48〜/64の大きさのアドレスブロックが割り当てられることが多い。


IPv4の後継となる次世代のインターネット・プロトコルです。
IPv4と比較してアドレスが128ビットに拡張されていることから、膨大な数のアドレス付与が可能となり、IPv6では数的に地球上のあらゆるものをインターネットへ接続できるようになります。
IPv6インターネット接続を利用することにより、IPv6に対応したサービス(Webサイトの閲覧、動画配信サービスの視聴 など)のトラフィックを、従来のIPv4とは異なるIPv6のネットワークに流すことで、快適にインターネットをご利用になれる場合があります。
IPv6インターネット接続には従来方式(PPPoE方式)と新方式(IPoE方式)を用いた以下3つの通信方式があり、プロバイダごとに推奨している通信方式が異なります。


ネットワークにつながれた、すべての機器には「IPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られます。 IPアドレスは例えるならインターネット上の住所のようなものです。 家には住所があるから郵便物が届くように、パソコンもIPアドレスを持っているから要求した情報が広大なインターネットの中で迷子にならず届きます。

現在、お客さまがご利用になっているIPアドレスは「IPv4」と呼ばれる仕組みが使われています。 しかし、このIPv4上で割り当てられるIPアドレスは近い将来、不足してしまいます。 世界中の急速なインターネット利用者・利用機器増加の為です。IPアドレス枯渇問題と言われています。この問題を解決すべく開発されたのが「IPv6」と呼ばれる仕組みです。アドレス数が無限大ともいえる新規格のIPアドレスです。BIGLOBEでは、このIPv6への移行準備を進めています。

IPv6でもっとつながる

IPv6を利用することにより、IPv4アドレスが枯渇した後でも、新しくパソコンや携帯電話の接続ができ、さらにこれまでインターネットが利用されていなかったさまざまな分野やものが接続され、新しく便利なサービスが生まれたり、従来のサービスがより使いやすくなったりすることが期待されます。


IPv6とは、「Internet Protocol Version 6」の略で、IPv4の後継となる次世代のインターネット・プロトコルです。IPv4と比較してアドレスが128ビットに拡張されていることから、膨大な数のアドレス付与が可能となり、IPv6では数的に地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになります。 現在、世界中で「IPv6」への移行の取り組みが進められています。OCNでも、お客さまに将来にわたって安定的にインターネットをご利用いただけるよう、移行を進めています。







H2候補

  • IPv4とIPv6の違いは?
  • IPv4とは?
  • PPPoEとIPoEの違いは?
  • PPPoEとは?
  • IPoEとは?
  • おすすめはIPv4 over IPv6
  • IPv4 over IPv6の注意点
  • IPv6(IPoE)を導入するとなぜ速くなるの?
  • PPPoEではなくIPoEだと、なぜ速くなるの?
  • IPv6の弱点をフォローするのが「IPv4 over IPv6」
  • IPv6はどうやって導入するの?
  • PPPoE IPv6通信
  • IPoE IPv6通信
  • IPoE IPv4 over IPv6通信
  • IPv6のご利用にあたっての注意事項
  • 「グローバルIPアドレスが割り当てられるから個人が追跡できる」?
  • 「IPv6ではNAT処理を行わないので攻撃されやすい」?
  • 「v6プラスではポート開放ができない」?
  • インターネットプロトコル(IP)ってなに?
  • IPv6を使うとインターネットが速くなるの?
  • インターネットはIPv4とIPv6の2種類のネットワークが共存
  • IPv6(IPoE)接続サービス 通信速度公開
  • IPv4 over IPv6 ってなに?(その実装はMAP-E)
  • MAP-EによるIPv4インターネット接続
  • IPv6名前解決は必要不可欠
  • DTIのIPv6への取り組み
  • IPv6接続(IPoE方式)でなぜ快適になる?
  • World IPv6 Launchについて

まとめ

※ このページは現在準備中です。記述内容は、以下の参考リンクより抜粋したものです。

参考

  • https://dream.jp/ftth/tips_f/hikari17.html
  • https://flets-w.com/chienetta/list/2019/07/hb_v6option_ipv6-system.html
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/IPv6
  • https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/
  • https://ascii.jp/elem/000/004/054/4054082/
  • https://4466.jp/ipv6/
  • https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP
  • https://support.biglobe.ne.jp/ipv6/about_ipv6/index.html
  • https://support.biglobe.ne.jp/ipv6/
  • https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/internet/ipv6/
  • https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ipv6.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です