ESSID【Extended Service Set Identifier】

導入

ESSIDとは、無線LANWi-Fi)における無線アクセスポイント(AP/親機)および無線ネットワークの識別名。32文字(バイト)までの英数字で構成され、ネットワーク管理者が任意に設定することができる。複数のAPが同じESSIDを名乗り、同一のネットワークを構成することもできる。


無線LANアクセスポイントに付ける名前だよ

「SSID」と同じものだと思っていいよ


「Extended Service Set Identifier」の略だよ










とは

ESSIDとは文字通りESSのIDです。無線LANにおけるネットワークの識別子の1つであり最大32文字までの
 英数字を設定できます。ESSIDは無線LANを構成する機器(APや無線LAN端末)に設定する必要があります。


無線電波は届く範囲を任意に設定することができないため、複数の電波が届く範囲に端末(子機)がある場合にどれが自分の所属するネットワークか分からなくなる場合がある。このため、無線LANではAPが識別名を発信し、端末が接続先を選択できるようにしている。

識別名にはAPのMACアドレスをそのまま流用した48ビットのBSSID(小規模ネットワーク向け)と、管理者が任意に指定できるESSIDは(中規模以上のネットワーク向け)がある。現在では規模に関わらずESSIDを設定して運用するのが一般的であるため、単にSSIDといえばESSIDを指すようになっている。

ESSIDには任意のネットワークを表す「ANY」という特殊な識別名があり、端末がANYへの接続をリクエストするとどのAPにも接続することができる。この機能は第三者が不正に接続するのに悪用されることがあるため、現在ではANY指定による接続を受け付けない「ANY接続拒否」機能を搭載するAP製品が増えている。


ESSIDとは

パソコンさんからビビビーって飛んできた無線LANの電波を受け取る機械に付ける名前。
少しだけ専門用語を混ぜて説明すると

無線LANアクセスポイントに付ける識別子(名前)
です。


ESS-IDとは、無線LANのコンピュータなどが所属する無線グループを指定するための識別名になります。 SSIDや単に ネットワーク ネームと呼ばれる場合もあります。
ESS-IDは無線LANアダプタやアクセスポイントなどのユーティリティで設定します。同じ ESS-IDを設定したコンピュータやアクセスポイント間で通信が可能です。 ESS-IDが異なるコンピュータやアクセスポイントとは通信ができないようになっています。また、ローミング機能を設定すると、同じ ESS-IDをもつアクセスポイントのもとでは、無線LANを装着したコンピュータを移動しながら使うことができます。


無線LANの規格であるIEEE 802.11シリーズにおいて「混信」を避けるためにアクセスポイントと端末に設定する識別子であるSSIDを、複数のアクセスポイントが設置されている状況に対応するため、ネットワーク識別子として拡張したもの。無線LANでは、有線LANと異なり、複数のアクセスポイントと通信が可能になってしまう「混信状態」が発生する可能性がある。これを回避するため、アクセスポイントと端末にそれぞれESSIDを設定し、ESSIDが一致する機器同士しか通信ができないようにアクセス制御を行っている。


無線LANで使われるネットワーク識別子SS-IDとも呼ばれる。複数の無線LANで構築されたネットワークがあるときに、それぞれのネットワークを識別するためのもので、アクセスポイントとクライアント双方で同じESS-IDを設定することによって通信が可能となる。多くのアクセスポイントは、すべての無線LANクライアントに対してESS-IDを教える信号を発している。これは「ビーコン」と呼ばれるもので、それを見ればどういったESS-IDを設定したアクセスポイントが近くにあるのかわかる仕組みになっている。

無線LAN用語です。パソコンで無線LANの設定をするときの接続先、つまり「アクセスポイントの名前」と考えて差し支えありません。ただし、厳密にはアクセスポイントとパソコンとの間にできあがる無線LANのネットワークの名前です。通常、アクセスポイントは周囲に自分のESS-IDを伝える信号を出していますが、これを無効にすることで、第三者からアクセスポイントの存在を隠し、不正に接続されるのを防げます。


IEEE 802.11シリーズの無線LANにおけるネットワークの識別子の一つで、混信を避けるために付けられるネットワーク名のようなもの。最大32文字までの英数字を任意に設定できる。 アクセスポイントの識別子だったSSIDを、複数のアクセスポイントを設置したネットワークでも使えるよう拡張したもの。 現在ではESSIDの意味でSSIDという語を使う場合が多い。

 無線LANは電波を使って通信するため、有線LANと違って複数のネットワークと交信可能になる「混信」状態が生じる可能性がある。 このため、無線LANのアクセスポイントと各端末にはESSIDを設定することができ、ESSIDが一致する端末としか通信しないようにすることができる。 どのアクセスポイントにも接続できる「ANY」という特殊なESSIDもあるが、製品によってはセキュリティに配慮して「ANY」設定の端末からの接続を拒否する機能をもったものもある。

 ESSIDによるネットワークの識別は、見方によってはアクセス制限機能であるため、無線LANのセキュリティ機構の一つとみなされた時期もあるが、これはネットワークのユーザ全員が同じログインID/パスワードを共有するようなもので、セキュリティ対策としては脆弱すぎる。 不正アクセスや情報漏洩の対策には、暗号化などの実質的なセキュリティ技術を用いるべきであろう。

 無線LANネットワークの識別子としては他にBSSIDという48ビットの数値があり、こちらはアクセスポイントのMACアドレスと同じものである。






H2候補

まとめ

※ このページは現在準備中です。記述内容は、以下の参考リンクより抜粋したものです。

参考

  • https://www.infraexpert.com/study/wireless5.html#:~:text=%E7%84%A1%E7%B7%9ALAN%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E8%AD%98%E5%88%A5%E5%AD%90,%E6%95%B0%E5%AD%97%E3%82%92%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
  • https://e-words.jp/w/ESSID.html
  • https://www.aterm.jp/function/wg1800hp/guide/wireless/list/m01_m38.html
  • https://wa3.i-3-i.info/word12082.html
  • https://support.lenovo.com/no/ja/solutions/syb0-0239089
  • https://www.buffalo.jp/support/faq/detail/15823.html
  • https://www.itpassportsiken.com/word/ESSID.html
  • https://kotobank.jp/word/ESS-ID-602
  • https://www.ntt-west.co.jp/kiki/consumer/flets/hikari_portable_lte/guide/wireless/list/m01_m38.html
  • https://japan.zdnet.com/glossary/exp/ESSID/?s=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です