IEEE802.3

導入

スイッチングハブは、複数の端末をネットワークに接続する際にあると便利な中継機器です。

そんなスイッチングハブには給電機能(Power over Ethernet機能)のついたPoEスイッチがありますが、一般的にPoEスイッチなどの給電側の機器をPSE(Power Sourcing Equipment)、アクセスポイントなどの受電側機器をPD(Power Device)と呼びます。
さらに「802.3at」と「802.3af」の2種類の規格に分けられます。

この2種類にはどんな技術と規格の違いがあるかご紹介します。












とは

IEEE 802.3 は、IEEEにより規定されたLANの代表的な規格の1つ。また、その仕様標準化のためにIEEE 802委員会に設置された規格策定グループ(ワーキング・グループ)。

規格名称の語としてはイーサネットとほぼ同義に用いられ、有線LANにおける物理層およびMAC副層の機能仕様を対象とする。ISOではISO 8802-3として管理されている。


IEEE規格のうち、Ethernet通信方式であるCSMA /CDを定義した部分


イーサネットはコンピュータネットワークの規格のひとつであり、現在最も使用されているLANの規格。
 現在のLANにおけるコンピュータ通信では、イーサネットとTCP/IPの組み合わせが一般的だと言えます。
 つまりイーサネットが主に物理規格を取り決めて、TCP/IPが通信内容を取り決めているということです。


IEEE(アイトリプルイー)とはアメリカに本部がある電気工学・電子工学技術の学会です。

IEEEでは電子通信関連の規格の策定・標準化する活動をしており、ここで規格を策定されたものに「IEEE」がつきます。

つまり、「IEEE802.3af」と「IEEE802.3at」はIEEEが定めたPoEの標準規格というわけです。


IEEE802.3標準とは、米国電機電子技術者協会(IEEE)で発表されたイーサネットEthernet)に関する規格のことである。通信回線上に流れるデータの検出や、データの衝突の検出に関して従来の方式を改善し、10Mbpsの転送速度を実現したため、近年イーサネットの主流となった。








H2候補

  •  ◆ イーサネットの歴史
  •  ◆ IEEE802.3の全体像
  •  ◆ 帯域幅( bandwidth )とは
  • IEEE802.3afについて
  • IEEE802.3atについて
  • 2種類の規格の違いとは

まとめ

※ このページは現在準備中です。記述内容は、以下の参考リンクより抜粋したものです。

参考

  • https://fujikura-solutions.co.jp/technology/110/
  • https://fujikura-solutions.co.jp/technology/104/
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/IEEE_802.3
  • https://www.weblio.jp/content/IEEE802.3
  • https://www.infraexpert.com/study/ethernet.html
  • https://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/lan_selection/ethernet-column1.html
  • https://www.sophia-it.com/content/IEEE802.3%E6%A8%99%E6%BA%96
  • https://www.imrcry.jp/blog/poe/49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です