IaaS(イアース/アイアース)

導入

クラウドサービスは提供形態によっていくつかのタイプがあり、「Webサイト用のサーバーを用意したい!」や「インターネット経由でメールサービスを利用したい!」など、目的に応じて適切なタイプを選択する必要があります。

ここでは、クラウドサービスの種類と特徴について解説します。


クラウドサービスには、SaaS、PaaS、IaaSという3つの提供形態が存在します。クラウドを利用する時は、各提供形態の違いを理解し、自分のシステム要件に合致したサービスを選択する必要があります。この記事では各提供形態における言葉の定義と、その選定基準についてご紹介します。


クラウドという言葉を聞いたことがあるとは思いますが、そもそもクラウドって何だと思いますか? クラウドとは正式には「クラウドコンピューティング」のことで、従来のようにパソコン上のアプリやデータではなく、インターネット経由でアプリケーションを使うことを指します。

クラウドには様々なサービスがありますが、仕組みを大きく分けると「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3つに分類可能です。

しかし、「SaaSって何? PaaSって何?IaaSって何?」という方のために、以下で説明して参ります。


IaaS(Infrastructure as a Service の略。インターネットを利用したコンピュータの利用形態である。IaaSでは、コンピュータシステムを構築および稼動させるための基盤(仮想マシンやネットワークなどのインフラ)そのものを、インターネット経由のサービスとして提供する。

IaaSはクラウドコンピューティングサービスの1種類(または1要素)としてSaaSPaaSに並ぶものとされ、PaaSの発展系ともされる。IaaSは当初はHaaS (Hardware as a Service) とも呼ばれていた。ただしHaaSは単なるハードウェアリソース(ハードディスクなど)の、インターネット経由のサービスとしての提供とされる場合もある。


Infrastructure-as-a-Service (IaaS) は、クラウド・インフラストラクチャ・サービスとも呼ばれ、インターネットを通じてエンドユーザーに IT インフラストラクチャを提供する、クラウド・コンピューティングの一種です。IaaS は通常、サーバーレス・コンピューティングに関連付けられています。








とは

IaaSは、「Infrastructure as a Service」の略で「イアース」や「アイアース」と読まれることもあります。アプリケーションを利用する環境も含めて一括で提供するSaaSとは異なり、IaaSはサーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアやインフラまでを提供するサービスです。


IaaS(Infrastructure as a Service)とは、CPU、メモリ、ストレージやネットワークといったコンピュートリソースを提供するモデルです。ユーザーはリソース構成を自由に選択して利用することができ、そのリソース上に任意のアプリケーションを構築することが可能です。

IaaSサービスは2006年にAWSによってAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)の提供が開始されました。これにより自社データセンターのサーバー台数を削減する方法として、仮想化による集約ではなく、クラウドサービスの利用が検討されるように市場が変化していきました。


IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」と読みます。
情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。少々乱暴に区分すると、これまでのホスティングサービスと言われるサービスと提供範囲の区分ではほぼ変わりません。では何が異なるかと言うと、IaaSの最後の「サービス」という点になります。サーバを利用する際に必要なハードウェアのスペックやOSを、ユーザーが自分で自由に選定して、ネットワーク越しに利用することが可能です。Google Compute Engine や Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) が代表的なサービスとして挙げられます。


IaaSとはInfrastructure as a Service の略で、「イアース」や「アイアース」と呼びます。
IaaSはクラウドコンピューティングのうちの1つで、仮想化技術を利用してハードウェアリソース(CPU/メモリ/ストレージ)などのITインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービスです。クラウドコンピューティングには、他にSaaSやPaaSがあります。

従来はシステムを構築する場合、サーバーやソフトウェアを自社で購入し、運用・メンテナンスも必要でした。
IaaSでは、自社でサーバーなどのハードウェアをもたずに、インターネット経由で必要な時に必要なだけサーバーやストレージ、ネットワークリソースを利用することができます。


IasS(Infrastructure as a Service)は、ハードウェアなどのインフラ層の機能 (システムの根幹となるコンピューターリソースそのもの) をクラウドによって提供します。仮想化技術を用いて、CPU、メモリ、ストレージなどのITインフラが事業者によって仮想化され、利用者はそれらのリソースを必要なだけ確保、利用することができます。

IaaSの利用例として、Webサイトやアプリのサーバが挙げられます。Webサイトでは、キャンペーン等により、短時間に膨大なアクセスが集中する場合があります。その際に、一時的にコンピュータリソースを多めに借り、キャンペーン終了後リソースを減らすことで、安定したサイトの構築・運用を低コストで行うことができます。

IaaSは純粋なインフラのみを提供するので、初めから便利な機能が実装されているわけではありません。しかし、SaaSやPaaSよりも自由度が高く、カスタマイズ性に優れており、最近では、基幹システムなど重要なシステムの基盤にもIaaSの利用が進んでいます。IaaSのサービス例として、Alibaba CloudのElastic Compute Service(ECS)や、AWSのElastic Compute Cloud(EC2)などが挙げられます。


IaaSは「Infrastructure as a Service(サービスとしてのインフラ)」の略。

情報システムの稼働に必要な仮想サーバやハードディスク、ファイアウォールなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態を指します。SaaSやPaaSなどと違って自由度が高く、ハードウェアのスペックやOSを好きなように選べます。その分、OSやハードウェア、ネットワークの知識が必要になります。セキュリティ対策も考えなければなりません。

IaaSの例としては、Google Compute EngineやAmazon Elastic Compute Cloudなどが代表的です。


IaaSは、仮想化されたプラットフォームなどのコンピュータ基盤を、インターネット経由のサービスとして提供するものである。提供される「仮想化された基盤のスタック」は、サービス化の潮流の一例であり、多くの特色を持つ。ユーザーはサーバソフトウェアデータセンターのスペースなどを自分で購入する代わりに、完全にアウトソースされたサービスとして購入する。そのサービスは典型的にはユーティリティ・コンピューティングをベースとして、利用レベルに応じた従量制で課金される。それはウェブホスティングやサーバ仮想化の進化系である。


サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とはクラウド コンピューティング サービスの一種で、必要なコンピューティング、ストレージ、ネットワークなどのリソースを、必要なときに必要な分だけ提供するサービスです。IaaS は、サービスとしてのソフトウェア (SaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サーバーレスを加えた 4 種類のクラウド サービスの 1 つです。

組織のインフラストラクチャを IaaS ソリューションに移行することで、オンプレミスのデータセンターのメンテナンスを減らし、ハードウェア コストを削減し、リアルタイムのビジネスの分析情報を得ることができます。IaaS ソリューションを使用すると、需要に応じて IT リソースを柔軟に拡大縮小することができます。また、新しいアプリケーションの迅速なプロビジョニングや、基盤となるインフラストラクチャの信頼性向上にも役立ちます。

IaaS を使用すると、物理的なサーバーやデータセンターのインフラストラクチャを購入および管理するコストや複雑さを回避することができます。各リソースは個別のサービス コンポーネントとして提供されます。お客様には、特定のリソースを、それが必要となる期間に限りお支払いいただけます。Azure などのクラウド コンピューティング サービス プロバイダーによってインフラストラクチャが管理され、お客様はお客様独自のソフトウェア (オペレーティング システム、ミドルウェア、アプリケーション) の購入、インストール、構成、管理を行います。


「IaaS」は「イアース/アイアース」と読み、「Infrastructure as a Service」の略です。インターネット経由でサーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアやインフラまでを提供するサービスです。

IaaSのメリットは、ユーザーにサーバーを貸し出すサービスであるホスティングサービスと比べ、サービスの自由度が高いことです。システム開発、構築に必要なインフラのみを借りるため、ユーザー側は任意のプラットフォームやアプリケーションを入れることができます。

IaaSのデメリットは、利用に専門知識が必要となることです。自由度が高いため、ユーザーが自身で選択、決定しなければならない部分が多くインフラ設計やサーバー管理・運用のスキルが必要となります。




H2候補

  • IaaSの代表的なサービス
  • IaaSのメリットとデメリット
  • PaaSとは?
  • PaaSの代表的なサービス
  • PaaSのメリットとデメリット
  • SaaSとは?
  • SaaSの代表的なサービス
  • SaaSのメリットとデメリット
  • 最適なクラウドサービスを選択するためには
  • クラウドとは?
  • レンタルサーバーとの違い
  • VPSとの違い
  • 3つの提供形態
  • SaaSについて
  • PaaSについて
  • IaaSについて
  • SaaS (Software as a Service)とは
  • PaaS (Platform as a Service)とは
  • IaaS (Infrastructure as a Service)とは
  • IaaSのメリット
  • as a Serviceとは
  • IaaS、PaaS、SaaSの違い
  • as a Serviceの使い分け
  • IaaSとVPSの違い
  • SaaS(サース)とは?
  • PaaS(パース)とは?
  • IaaS(イァース/アイアース)とは?
  • 目的ごとにSaaS、PaaS、IaaSを使い分けよう
  • IaaSとVPSとの違い
  • IaaS とPaaS とSaaS

まとめ

※ このページは現在準備中です。記述内容は、以下の参考リンクより抜粋したものです。

参考

  • https://pfs.nifcloud.com/navi/beginner/iaas.htm#:~:text=IaaS%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8CInfrastructure%20as%20a,%E3%82%92%E6%8F%90%E4%BE%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
  • https://www.topgate.co.jp/saas-paas-iaas
  • https://cloud-ace.jp/column/detail01/
  • https://www.idcf.jp/words/iaas.html
  • https://www.sbcloud.co.jp/entry/difference-between-iaas-paas-saas
  • https://data.wingarc.com/saas-paas-iaas-11087
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/Infrastructure_as_a_Service
  • https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/what-is-iaas/
  • https://www.wafcharm.com/blog/difference-between-iaas-paas-saas/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です