CEO

導入

今の職場に明確な不満があるわけではないが、それなりに仕事力にも自信がついてきたし経営に関わってみたいと思っているビジネスパーソンの皆さま。

経営層の中でも最も中心的存在である「CEO」になってみたいという方も多いでしょう。

そこでこの記事では、CEOとは何かについて解説します。 「そもそもCEOって正確な定義は何?」「COOや社長との違いは?」といったことから、CEOになるためのキャリアパスについてまで徹底解説しています。

この記事を読めば、CEOとは何かということについての正確な理解だけでなく、CEOになるまでにどう準備すればいいのかということまで理解できます。


新聞やテレビ、Webニュースなどでよく見かける、会社の代表を紹介する際の「社長」「CEO」「代表取締役」の文字。

中には「社長兼CEO」「代表取締役社長兼CEO」なんて肩書きまで出てきて、「え、結局何なの……何する人なの!?」と頭が混乱しまくっている人もいるかもしれません。

今回はそんな混乱を解消するために、「社長」「CEO」それぞれの違いを解説したいと思います!











とは

CEOは「Chief Executive Officer」の略で、日本語では「最高経営責任者」と訳されます。経営責者であるCEOは会社の経営方針や事業計画など長期的な経営事項の責任を負います。

ときには「CEO」を「代表取締役」と訳すこともあります。日本における法律ではCEOの規定は存在しません。実際のところ、日本の会社で社長の名刺に英語の肩書を入れる際に「President」の代わりに「CEO」を採用している会社もあります。

詳細に「代表取締役社長」と入れたいときに、「代表取締役」を「CEO」、「社長」を「President」として、「President & CEO」という表記を用いている会社も少なくありません。


最高経営責任者さいこうけいえいせきにんしゃ英語: chief executive officer、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会[1] の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員執行役員又は執行役(officer、または executive officer)の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物のことである。統括業務執行役員などと和訳されることもある。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を業務執行役員(managing director、略語: MD)[2]、またはチーフ・エクゼクティブ[3]という。また、非営利団体ではエグゼクティブ・ディレクター(executive director、略語: ED)の名称が使われることもある。


そもそも「社長」「CEO」「代表取締役」といった肩書きの中で、「代表取締役」のみが、法律(会社法)で定められている肩書き。

それ以外は各会社によって決められているもので、あくまで職責上の呼称です。副社長や専務、常務、部長や課長なども同じ! しかも日本のそのような呼称は、会社によってその職責や役割はさまざまなのです。

「CEO」は、職責上の呼称。これは特にアメリカの会社において使われているのですが、“chief executive officer” の略で、日本語に訳すと「最高経営責任者」となります。

先ほどの日本における「社長」などの呼称は、会社によってその職責、役割は異なります。それに対し「CEO」は「最高経営責任者」ということで、はっきりと役割が決まっています。

ですので、(日本では特に)どちらが偉いということはなく、会社によってその扱いは異なるというわけ。


CEOとは、Chief Executive Officerの略。日本では「最高経営責任者」と訳される。

米国型コーポレートガバナンスでは、企業の所有と経営(執行)を切り分け、所有者である株主を代理する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するという形態となっている。この執行役員のトップがCEOと位置づけられる。

「CEO」や「COO(Chief Operating Officer、最高執行責任者)」のような“CXO”という役職名は、所有と執行の役割境界をそれほど明確にしていない「会長(Chairman)」や「社長(President)」とは異なる概念のものである。ただ実際のビジネスにおいては、会長がCEOを、社長がCOOを兼ねることが多い。

日本企業においては、近年になってから、この執行役員制度を導入する企業が増えてきたが、上述のような兼任をする形態が一般的である。日本においては、会社の代表権を持つのは、CEOやCOOではなく、あくまでも取締役または代表取締役である(会社法349条)が、2003年4月施行の改正商法で委員会等設置会社(2006年5月施行の会社法で委員会設置会社に名称変更)と呼ばれる米国型企業統治に近い制度が導入され、代表執行役、執行役が設置できるようになっている。

日本取締役協会(http://www.jacd.jp/)が2003年に会員であるCEO(会長、社長)を対象として実施した「CEOに関するアンケート調査」によると、CEOという呼称は半数以上の企業が使用しており、調査時点で既に一般的になりつつあった。

なお、CEOのように“CXO”と称される執行役として他に、「COO」「CFO(Chief Financial Officer、最高財務責任者)」「CLO(Chief Learning Officer、最高人材・組織開発責任者)」などがある。


CEOとはChief Executive Officerの略で、取締役会の委託を受け、その意思決定に従って経営方針の決定や事業戦略の策定に関して責任を持つ最高経営責任者を指します。これに対し、その方針に従って実務を執行する最高執行責任者をCOOといいます。もともとアメリカ型のコーポレートガバナンス(企業統治)の考え方として、経営と執行の責任を明確化するために用いられる役職名ですが、日本では従来型の代表取締役社長の意味で使われるケースも多いようです。


CEO: Chief Exective Officerの略で、企業の最高経営責任者のこと。執行役員制を導入している企業において、執行役員の代表格をこう呼ぶ。


CEOというのは、最高経営責任者すなわちchief executive officerの略語です。アメリカの企業経営スタイルをまねて日本にも導入されるようになった役職・制度ですが、実際の中身や、代表取締役あるいは社長との違いがわかりにくい点が有ります。

 日本の法律では、取締役が株主総会で選任され、その取締役会で代表取締役を選任します。この代表取締役が企業のトップです。社長というのは、会長とか専務、常務などと同じで単に会社の内部的職制の名称でしかなく、会社法にも出てきません。法的に会社を代表する人物は代表取締役であり、通常は代表取締役が社内的には社長や会長という地位で呼ばれているだけです。従いまして、代表取締役社長という呼び方が、本来なら最も地位の分かりやすい呼称でしょう。

 これに対し、CEO、最高経営責任者という言葉も会社法にはありません。CEOは、アメリカでは会社のすべての業務執行を統括する最高経営責任者として選任された人物ですが、取締役会によって選任される場合や株主総会で選任される場合もあります。従いまして取締役会や株主総会は、いつでもCEOを解任することもできます。選任されたCEOは、会社経営に関する業務のすべてを統括し、また全責任を負う人間となるため、企業の実質的なトップといわれます。CEOを置く企業では社長職はその下の役職として置かれ、CEOは、いわば現場部門のトップです。社長は実際の経営に関する権限をあまり持たず、経営に関してはCEOが権限を握っています。
 日本では、CEOの名称の役員の権限や責任には法的な裏付けは無く、社長や会長と同様に会社の内部的職制の名称でしかありません。法的に会社を代表する人物であるためには代表取締役社長と同じように、代表取締役兼CEOでなくてはいけません。もとより日本の法律においては、CEOという役職は会社運営上、必須の役職というわけでもありません。

 ではなぜCEOという役職を新たに置くのでしょうか。これは業務執行役員のことを考えるとわかりやすいかもしれません。
 業務執行役員というのも法律上の明確な位置づけのない単なる敬称であり、役員と言われても、あくまで単なる従業員です(中には取締との兼任もありますが)。専門性の高い運営を行う大手企業では、株主を代理する取締役会が別の執行役員を任命し、会社の経営の中心かつ重要部門である業務執行部門をこの執行役員にゆだね、取締役会はこれを監督するという形態を取ることがあります。CEOは、この執行役員のトップに位置づけられます。株主の代理で会社を所有し、かつ業務を執行しているという、役割境界が明確でない従来の社長や会長とは異なる概念です。たとえて言うならば、プロ野球の球団で、金を出すのがオーナー(株主)、選手を取ったりチームの構想を作るジェネラルマネージャーが代表取締役や取締役会であり、これに対し実戦の指揮をとる監督がCEOと云う感じでしょうか。

 このように、CEOは会社の経営活動に関して最終的な決定権限を有し責任を負います。具体的経営戦略はCEOが事実上決定し、取締役会にはその承認を求めることとなります。取締役会の他にこのようなCEOを置くことで、会社の運営をスムーズにすることが狙いなのです。


日本の新聞や経済誌で頻繁に経営トップの肩書きについて、CEOという言葉を目にします。有名なところでは、ソニーの出井代表取締役会長兼CEOです。CEOは最高経営責任者と訳されていますが、CEOとは何でしょうか。「最高経営責任者というのは社長ではないのかな」とか、「取締役会長や社長とは違うのかな」などと疑問に思った読者の皆さんはいませんか。今回は趣向を変えてCEOの話をしましょう。

「ソニーが業務執行役員制度を導入した」ということはご存知でしょう。実はCEOは業務執行役員のトップのことなのです。CEOとはchief exective officicerの略で、最高経営責任者と訳されていることは先に述べたとおりです。しかし、日本の法律(商法)では業務執行役員という制度を設けていません。日本企業における業務執行役員制度の導入は、アメリカの制度を取り入れたものなのです。

では、アメリカの株式会社はどのような経営体制になっているのでしょうか。

アメリカでは経営体制を取締役(director)と執行役員(officer)に分けています(もっとも州ごとに法制度は若干異なります)。

すなわち、取締役会(board of directors)は、株主の利益のために株主総会において選任された取締役で構成され、会社の業務執行に関する意思を決定する機関であり(この点は日本と基本的に同様です)、具体的な会社の業務執行は、執行役員(officer)が担うものとされるのです(この点は、商法を前提とした多くの日本企業と異なります)。





H2候補

  • |世界の著名なCEO
  • ■CEOとCOOの違い
  • ■CEOと社長の違い
  • ■CEOと代表取締役との違い
  • ■「CEO」は日本の法律上意味のある肩書なの?
  • ■CEOになるためのキャリアパス
  • ■CEOに求められる資質とは
  • ■CEOとしてのキャリアをお考えの方へ
  • 2.COOとCEOの違い

まとめ

参考

  • https://www.enworld.com/blog/2018/07/what-ceo-is
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%80%85
  • https://cancam.jp/archives/164035
  • https://www.kaonavi.jp/dictionary/coo/
  • https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11618.html
  • https://www.smbcnikko.co.jp/terms/eng/c/E0075.html
  • https://www.hri-japan.co.jp/contents_library/term/organization/202/
  • http://saitoh-katoh-law-office.jp/casestudy/276
  • https://www.oumilaw.jp/kouza/19.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です