bps

導入

ビット毎秒(ビットまいびょう)は、データ転送レートJIS情報処理用語としてはビット速度、bit rate[1])の単位である。1間にデータ転送路上の仮想の、または物理的な地点を通過した(すなわち転送された)ビット数と定義される。モデムルータシリアルATALANケーブルなどのデジタル通信機器で用いられる。bps(ビーピーエス、bit per second、ビットパーセカンド)とも。


bpsとは、通信回線などのデータ伝送速度の単位で、1秒間に何ビットのデータを送れるかを表す。1bpsは1秒間に1ビットのデータを伝送できることを表す。同じく伝送速度の単位にBytes/s(B/s、バイト毎秒)があるが、1バイトは8ビットなので、1Byte/sは8bpsに相当する。


インターネット通信の速度を表記する時、
Wi-Fiルーターの場合「最大300Mbps」、フレッツ光回線の場合「最大1Gbps」のように表記されています。

今回は通信速度の単位「bps(ビーピーエス)」について説明します。










とは

データ転送レート、ビット速度に相当する物理量は、(データ)転送率、転送速度、転送効率、伝送率、伝送速度、伝送効率、信号速度などとも呼ばれる。似た概念や用語として、コネクション速度、転送レート、通信路容量スループット帯域幅スペクトル効率がある。

速度」として表現されることもしばしば見られる。しかし、ビット毎秒は情報がどれだけ速く到着したか(伝送経路遅延)ではなく、単位時間にどれだけ多くのビットが通過したかを表す転送効率である。

効率」を使った用語もあるが、データ転送には他にもさまざまな「効率」が問題になる箇所があり(データ圧縮誤り訂正変調方式など)、紛らわしい。

混同されることがあるが、変調レートであるボー (baud) とは異なる単位である。たとえば、1回の変調で2ビット送れば、bps値はボー値の2倍である。


bps は、bits per second の略で、1秒あたりに転送できるデータ数の単位です。1bpsは1秒間に1ビットのデータを転送できることを表します。1秒間に1バイトではありません。ちなみに、コンピュータが扱うデータは、電気的信号でONとOFFで表す2進数のデータです。なので、ビットとは、そのONとOFFの状態で表す最小単位ということになります。

たとえば、以前インターネットを利用する場合、電話回線を利用したアナログモデムを利用していました。この場合、転送速度は 56kbps なので、1秒間に 56k(約56,000)ビットの情報を転送できることになります。最近では、モバイルWiFiルーターも高速になり、Y!mobile PocketWiFi レンタルの場合では、下り最大 110Mpbs なので、理論上 1秒間に 110M(約110,000,000)ビットの情報を送れることができる計算になります。


モデムなどでデータの伝送速度を表すときに使用される単位。1秒間に伝送することができる情報量を表す。1bpsは1秒間に1bit(ビット)の情報を伝送することができる。

Byte(バイト)
1Kbps(キロbps)= 1,024 bps
1Mbps(メガbps)= 1,024 Kbps

便宜的に1Kbps=1,000bps、1Mbps=1,000Kbpsと表すこともある。


通信回線等で用いられるデータ転送速度の単位です。一秒間に何ビットのデータを転送できるかを表します。例えば、8bpsは1秒間に8bitのデータを転送することを意味します。1000bpsを1kbps、1000kbpsを1Mbpsと表しますが、メモリやハードディスク等の記憶装置ではパソコンのソフトウェアやハードウェアの設計上の都合から1024bpsを1kbps、1024kbpsを1Mbpsと表すため注意が必要です。正式には世界共通の十進法を原則とした国際単位系では「k」を1000、「M」を1000k(100万)と表すため、IEEE(電機電子学会)やIEC(国際電気標準会議)等はこれらの用法に従っています。


《bits per second》データ通信における転送速度の単位。1秒間に転送できるビット数で表す。ビット毎秒。ビットパーセコンド。b/sとも書く。


《bytes per second》コンピューターで、1秒間に伝送できるバイト数。バイト毎秒。B/sとも書く。


1秒間に伝送できるビット数で、単位はビット/秒(bits per second)で表します。

伝送の速さを表すものとしては、最も一般的な単位です。最近は、パソコンとモデム間を接続するRS-232-Cで、9,600bpsなどと表現していますから、極めてポピュラーなものになっています。


データ転送速度を表す単位。1秒あたり何ビット転送されるかを示す。インターネットや携帯電話の通信速度、パソコンと周辺機器間のデータ転送速度、映像や音声データを圧縮する際のビットレートなどを表すのに使われる。キロ(記号はk)・メガ(記号はM)・ギガ(記号はG)・テラ(記号はT)など、10の累乗倍を表す接頭辞を付け、「kbps」「Mbps」「Gbps」「Tbps」のように記述する。◇「bits per second」の頭文字から。「ビット毎秒」ともいう。

1秒間のビット数。オンラインのバンドワイズはbpsによって測定される。

1秒間に送受信できるデータが何ビットかを表す単位です。ビット・パー・セコンド(ビット毎秒)の略です。
ネットワークの通信速度や、周辺機器とパソコン間のデータ転送速度などを表すのに使われます。また動画や音楽のデータを圧縮する度合い(圧縮率)を表現するのにも使います。これは、動画や音楽の場合は、圧縮率を示すのに「1秒分のデータ量」を示すのがわかりやすいためです。

1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。


「bps」とは「bit(ビット) per(~あたり) second(秒)」の略です。
例えば8bpsは「1秒間に、8bit(ビット)のデータを流せる」ことを表します。「bit(ビット)」とはデータの量を表す単位です。

1M=1,000,000、1G=1,000,000,000なので、
300Mbpsは「1秒間に、300,000,000 bit(ビット)のデータを流せる」、
1Gbpsは「1秒間に、1,000,000,000 bit(ビット)のデータを流せる」ことを表します。


毎のデータ転送速度のことで、ビットレートを表す単位

ほとんどの場合8bit1byteであるので、例えば30分のflvmp4動画アップロードする場合
ビットレートを40MB40,960kilobyte) × 8bit ÷ 1800sec で182.044kbps以下にしなくてはならない。
もっと高ビットレート(この場合約455kbpsでうpしたい場合はプレミアム会員になればいいじゃない。



H2候補

  • ボー (baud/Bd)
  • “ボー”は変調速度
  • 1ボーが2bpsになる例
  • 「bit(ビット)」と「B(バイト)」の違い
  • 光回線の通信速度「1Gbps」について

まとめ

参考

  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E6%AF%8E%E7%A7%92
  • https://www.netage.ne.jp/wifi-rental/column/bps/
  • https://e-words.jp/w/bps.html
  • https://support.nec-lavie.jp/support/pc/yougo/03_ei/ei12.htm
  • https://www.diatrend.com/glossary/words_b/bps.htm
  • https://dictionary.goo.ne.jp/word/BPS/
  • https://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/mame/b_network/9311/index.html
  • https://kotobank.jp/word/bps-7723
  • http://mco-magazine.isp.okinawa.jp/?p=4366
  • https://dic.nicovideo.jp/a/bps

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です