JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)

導入

日本のCSIRTの有名どころだよ

セキュリティ関連の「うわっ!ヤバっ!」の報告を集めたり、原因を調査したり、対応策を考えたりしているよ












とは

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、インターネットを介して発生する侵入やサービス妨害等のコンピュータセキュリティインシデント*1(以下、インシデント) について、日本国内に関するインシデント等の報告の受け付け、対応の支援、発生状況の把握、手口の分析、再発防止のための対策の検討や助言などを、技術的な立場から行なっています。特定の政府機関や企業からは独立した中立の組織として、日本における情報セキュリティ対策活動の向上に積極的に取り組んでいます。


JPCERTコーディネーションセンターとは

日本を舞台に活動している、コンピュータとかネットワークのセキュリティに関する「うわっ!ヤバっ!」な報告を集めたり、原因を分析したり、対処法を考えたり、あれやこれやしている組織(CSIRT)のひとつ
です。


JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー[1])は、「一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター[2]」の略称。 コンピュータセキュリティの情報を収集し、インシデント対応の支援、コンピュータセキュリティ関連情報の発信などを行う一般社団法人代表理事は 菊池浩明(2018年6月〜)[3]


Japan Computer Emergency Response Team/Coordination Centerの略。一般社団法人「JPCERT コーディネーションセンター」の略称。インターネットによる不正アクセスの被害に対応するために設立された情報提供機関で、コンピューターセキュリティ関連情報の発信などを行っている。

国内のインターネットユーザーから寄せられるリソースの不正使用、サービスの妨害行為、データの破壊、意図しない情報の不正開示などの不正アクセス情報をまとめ、被害状況や手口を分析してWebページ(http://www.jpcert.or.jp/)で一般公開し、3カ月ごとに届け出件数と主な手口を発表している。

JPCERT/CCの主な活動は、「インシデント対応」「脆弱(ぜいじゃく)性情報ハンドリング」「インターネット定点観測システムの運用」「早期警戒」「国際連携」「アーティファクト分析」「制御システムセキュリティ」「国内の関係組織やコミュニティとの連携」の8つである。

「Computer Emergency Response Team」は「CSIRT (Computer Security Incident Response Team)」と呼ばれるコンピューターセキュリティ上の不具合に対する監視と原因解析、影響範囲の調査などを行う組織の名称である。


コンピュータセキュリティに関わる事象(インシデント)への対応、コンピュータセキュリティに関する各種情報の収集・整理及び蓄積・提供、関連技術の調査、研究など世界のインターネットの脅威を守るため、中立的な立場で活動を行う非営利組織


Japan Computer Emergency Response Team / Coordination Centerの略称。
特定の政府機関や企業から独立した、中立で、インターネットのコンピューターインシデントに対応する組織。日本における情報セキュリティ対策活動の向上に取り組んでいる民間の非営利団体(一般社団法人)です。
インターネットを介して発生する侵入やサービス不能攻撃などのコンピューターセキュリティインシデントについて、日本国内のサイトにかかわる報告の受け付け、対応の支援、発生状況の把握、手口の分析、再発防止のための対策の検討や助言などを、技術的な立場から行います。また、インシデント対応組織(このような組織を一般に「CSIRT:Computer Security Incident Response Team」と呼びます)間の情報交換網の構築や組織の設立支援活動などを主導し、対策活動の支援も行います。
主な活動としては、以下のものがあります。

1. コンピューターセキュリティインシデントにかかわる報告の受け付け、対応の支援
2. 受領した報告などに基づく情報提供
(1)国内において共通に発生する可能性のある問題の回避策や対策(緊急報告、注意喚起、JPCERT/CC レポートなど)
(2)システム運用管理に際しての留意事項などの取りまとめ(技術メモ)
(3)傾向分析(活動概要など)
3. 国内外のインシデント対応組織、関連する組織などとの連携、国内外インシデント対応組織の立ち上げ支援・指導

JPCERT/CCの歴史は、1992年頃からの有志によるボランティア活動に端を発します。以降、1996年に「コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)」 として発足し、2003年に中間法人JPCERT コーディネーションセンターとして設立登記され、2009年に一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターとなりました。







H2候補

まとめ

参考

  • https://www.jpcert.or.jp/about/
  • https://wa3.i-3-i.info/word15446.html
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/JPCERT/CC
  • https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/jpcert-cc.html
  • https://www.r-agent.com/kensaku/companydetail/63692/
  • https://jprs.jp/glossary/index.php?ID=0134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です