BPR

導入

政府の掲げる「働き方改革」やグローバル化、IT化が進むビジネス環境において、企業は今までにも増して大きな変革が求められている。そこで改めて注目するべきなのが「BPR(Business Process Re-engineering:ビジネスプロセス・リエンジニアリング=業務改革)」だ。抜本的な「業務改革」を意味するこの言葉は、いわゆる一般的な業務改善とどように違うのか。どのようなメリットがあり、どのような手法で取り入れるべきなのか。参考にすべき導入事例やERP選定の方法、成功のポイントを1つひとつ基礎からわかりやすく解説していく(初出2018年1月25日)。


ビジネスのプロセスを根本から見直して大きな効果を得るBPR。現在、導入する企業や自治体が増えているそうです。BPRとはどういった考え方なのでしょうか。


BPRは、働き方改革やIT化、グローバル化に伴う企業の変革において注目を集めています。BPRの導入を検討する場合、まずはBPRの基本や進め方について詳しく知っておくことが肝要です。この記事では、BPRを取り入れるメリットや推進時のポイントについて解説します。近年注目されているマネジメント用語の一つ、「BPR」を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。ここではBPRの概要やメリットを紹介します。


BPRは「Business Process Reengineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)」の略で、業務改革を意味する経営コンセプトです。現在の業務フローを見直し、効率化及び最適化することを最大の目的としています。企業全体で仕事をスムーズに行うために、「業務内容」ではなく「業務フロー」を再設計していきます。BPRの特徴は、営業や販売、人事とすべての部分を最適化することです。サービスの提供内容や方法、人事評価、規定、品質管理、組織構造などを見直し、顧客の価値になっていない部分を削除することで、改善していくのです。さらに、各部署で部分的に改善していくのではなく、プロセスそのものを根本から見直して再構築することも、BPRの特徴といえるでしょう。


業務本来の目的に向かって既存の組織や制度を抜本的に見直し、プロセスの視点で、職務、業務フロー、管理機構、情報システムをデザインしなおすこと。


業務改革と訳されるBPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)は、業務プロセスそのものを根本的に見直し、業務プロセス全体の最適化を図る取り組みを指します。業務の無駄を省く業務改善とは異なり、組織改革などの抜本的な効果を得ることができます。今回はこのBPRについて、業務改善との使い分けや、具体的なやり方とメリットについて解説していきます。


今、多くの日本企業が働き方改革への対応や、業務の生産性向上などを推進しています。その中で推進役となる経営者やマネージャーには、現行の業務フローに限界を感じ、抜本的な変化をもたらすためにBPRの必要性を感じる方も多いようです。

しかし、いざBPRに取り組んでみようとする場合、どのように考え、導入していくのが良いのでしょうか。この記事ではBPRの基本的な内容や成功のためのポイントについて紹介します。


BPRは「ビジネス・プロセス・リエンジニアリング」の略で、日本語では「業務改革」という言葉で表されます。

BPRは1993年にアメリカで出版された『リエンジニアリング革命』(マイケル ハマー, ジェイムズ チャンピー)という書籍の中で使われた言葉です。同書では、BPRは、「コスト、品質、サービス、スピードのような、重大で現代的なパフォーマンス基準を劇的に改善するために、ビジネスプロセスを根本的に考え直し、抜本的にそれをデザインし直すこと」と定義されています。

BPRでは「根本的」「抜本的」「劇的」「プロセス」がキーワードとなっており、それぞれのキーワードは次のように詳細な定義を持ちます。

抜本的

表面的な変革を行ったり、既存のものに手を加えたりすることではなく、古いものを捨ててしまうこと。

劇的

業績において小さな改善や漸進的な改善を行うことではなく、大飛躍を達成すること。

プロセス

顧客に対して価値のあるアウトプットを生み出す行動の集合。

この書籍が書かれた当時、主流だった業務の細分化や分業がかえって非効率をもたらしており、BPRによるビジネスプロセスの単純化が大きな生産性の向上をもたらすと考えられました。そして、そのビジネスプロセスの再構築の中でITが重要な役割を果たすと紹介されています。


テクノロジーの発展により、民間企業ではさまざまなBPR(Business Process Re-engineering=業務改革)が進む一方で、近年、自治体行政でも多くのBPRプロジェクトが進んでいます。本記事では、自治体BPR(業務改革)に焦点をあて、過去の調査データや事例をもとに分析し、今後の自治体BPRトレンドについてもわかりやすく解説していきます。 


BPRという言葉をビジネス誌や新聞等でよく目にしますが、何の略語かわかりますか?今回の記事では、業務改善や業務効率化と混同しがちなこの言葉についての説明と企業が行うべきBPRのステップ、おすすめの始め方について事例とともに紹介します。


グローバル・ビジネスの促進や働き方改革。すべての企業は今、大きな変革が求められています。実際に2019年4月より働き方改革関連法案が順次施行され、罰金付きの残業規制が初めて適応されるなど、今までにないビジネス環境の変化が起きています。

そこで改めて注目されているのが“BPR(Business Process Re-engineering:ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)”です。抜本的に実行する業務改革を意味するBPRは、一般的に取り組まれている業務改善とは何が違うのでしょうか?本稿ではその基礎と、進め方について紹介しています。


とは

BPRとは「ビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Re-engineering)」の略称だ。「リエンジニアリング」とは、業務・組織・戦略を根本的に再構築することを指す。つまりBPRとは、企業の目標を達成するために、企業活動や組織構造、業務フローを再構築することである。


BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)とは、現在の社内の業務内容やフロー、組織の構造などを根本的に見直し、再設計すること

多くの企業では、スムーズな業務遂行のため、仕事の効率化を目指し業務改善を行っています。しかしBPRは、ただ業務そのものを改善するのではありません。

BPRのR(リエンジニアリング)には、根本から再構築するという意味があります。現存のルールを見直し、ビジネスを成功させるためのルールを構築し、成功するプロセスをつくり上げるのがBPRです。


BPRは、業務の本来の目的に向かって、既存の組織や制度を抜本的に見直し、プロセスの視点で、職務、業務フロー、管理機構、情報システムをデザインしなおす(リエンジニアリング)という考え方です。1993年にマイケル・ハマーとジェームス・チャンピーの共著として発表された『リエンジニアリング革命』によって世界的に有名になりました。


BPRとはビジネス・プロセス・リエンジニアリングの頭文字を取った言葉です。ビジネスの過程(プロセス)を根本的に見直し、もう一度設計し直す(リエンジニアリング)ことを指します。

BPRは、アメリカのマサチューセッツ工科大学のマイケル・ハマーと経営コンサルタントのジェイムズ・チャンピーが『リエンジニアリング革命』で提唱した概念です。同書によると、BPRの語に含まれるリエンジニアリングという言葉は、「コスト、品質、サービス、スピードのような、重大で現代的なパフォーマンス基準を劇的に改善するために、ビジネスのプロセスを根本的に考え直し、抜本的にそれをデザインし直すこと」と定義されます。

欧米での成功事例が伝えられ、日本でもバブル崩壊後に効率化のためのフレームワークの需要が高まり、BPRが本格的に知られるようになりました。


BPRとは、Business Process Re-engineeringの頭文字を取った略語で日本語に訳すると「業務改革」や「業務再設計」という意味になります。つまりBPRとは、自治体や企業の目標や目的を達成するために、組織構造、業務フローを再構築することを意味します。


「BPR」とはBusiness Process Re-engineering の略語です。日本語では業務プロセス改革とも呼ばれ、業務フローや組織構造など、企業活動の全体を改革して再構築するものです。全社規模での業務効率化や生産性向上を実現し、顧客により高い価値を提供できる組織の構築を通じて、企業の目標を達成することを目的に行われます。

BPRは通常トップダウンで行われ、全社規模での変革を行います。業務内容をゼロベースで見直し、不要な業務や重複している作業を削除し、部門の枠を超えた組織の再編成や積極的なIT化により、合理化や効率化を図るものです。最終的には業務フローだけでなく意思決定プロセスも改革し、より迅速な意思決定と企業活動を可能にします。


組織全体の再設計を抜本的に行う改革ということです

BPRとはBusiness Process Re-engineering(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)の略称で業務改革を意味します。

1990年代の不況に苦しむ当時のアメリカで生まれ、業務改善に留まらず人材や評価制度、研究開発など企業運営に関わる全ての事柄において、抜本的に見直し、統合や再編成を行いました。

このようにBPRは企業が目標を達成するために行う抜本的な改革であり、業務フローや人事評価、組織構造なども含め再設計を行う事を意味します。

また、BPRには近年発展が著しい業務のIT化が欠かせません。部門毎に異なる煩雑な社内システムの統一化したり、SAPなどのERPパッケージ(業務管理システムを一元化したパッケージ)の導入などを行う事で販売数、利益、顧客満足どの向上などが見込めます。


改めて、BPRとはBusiness Process Re-engineering(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)の略称となります。Re-engineering(リエンジニアリング)とは組織の業務・体制・戦略を抜本的に見直し、再構築することを意味します。その目的は、ビジネス目標を達成するために、企業活動や組織構造、業務フローを再構築することにあります。

BPRは業務プロセス改革とも呼ばれており、「業務改善と果たして何が違うのか?」という疑問を持たれている方も多いでしょう。まず、改革と改善では意味が大きく異なり、改善とは「現状を肯定した上で悪い部分を是正すること」を意味します。一方で改革とは「現状を否定し、従来のプロセスや制度を改めること」を指します。

業務改善とは」の詳細はこちらでもっとご参考にしてください。

具体的にどういった取り組みを行うかというと、業務改善ではヒト(従業員、顧客、パートナーなど)、モノ(動産、不動産、その他の所有物)、プロセス(業務手順、作業手順など)、または情報(IT)を対象に、“無理と無駄”を省くことで業務効率を向上することを目指します。

その一方で、BPRは社内の業務プロセス全体を見直すとともに、製造・研究開発・品質管理・製品やサービスの供給、人事表などすべての企業活動を顧客志向に首尾一貫した業務プロセスとして再編成・再構築することを目指します。この“顧客志向”というのが重要なポイントであり、BPRと業務改善の大きな違いは、前提に顧客志向があるか否かが大きなポイントになります。





H2候補

  • 業務改善とはどう違うのか
  • BPRの歴史~バブル崩壊の日本では失敗に終わった
  • BPRの現状~働き方改革で再注目
  • BPRを導入するメリットは業務フローの把握と従業員・顧客満足度の向上
  • BPRの進め方~業務仕分け、ERP、シックスシグマ
  • BPRが広まったきっかけと目的
  • BPRの定義と意味
  • BPRの定義に含まれる4つのキーワード
  • 2.BPRと業務改善、それぞれの特徴と2つの違い
  • 3.BPRの手法と進め方、5つのステップ
  • BPRの特徴
  • 業務改善の特徴
  • 2つの差異を比較
  • BPRと5つのステップ
  • 4.BPR導入の事例
  • 「業務改善」との違い
  • BPRを推進するメリット
  • 相乗効果を生み出す!BPRとERPの関連性
  • 「ERP」とは?
  • ERP導入がBPRを可能にする
  • BPR推進のポイントは?具体的な手順と注意点
  • BPR推進の手順
  • BPRを推進する上でのポイント
  • BPR推進における注意点
  • BPRの考え方
  • BPRの進め方と難しさ
  • 業務改革(BPR)と業務改善の違い
  • BPR導入の上での具体的ポイント
  • BPRのメリット
  • 1-2.BPRと業務改善との違い
  • 1-3.BPRとDX(デジタルトランスフォーメーション)
  • 2.BPRの進め方
  • 3.BPRを行う際のポイント
  • 失敗しないBPRの進め方
  • BPRに必要な5つのステップ 
  • 自治体BPRで抑えておくべき5つのポイント 
  • 自治体RPA業務適応事例の紹介
  • BPRの効果
  • BPRが行われる背景
  • BPRのステップ
  • BPR、まず間接業務から始めてみませんか?
  • 業務改善との違い
  • BPRの目的
  • 見込める効果
  • BPRの手法
  • BPRの進め方
  • BPR成功事例
  • BPRの導入例や研修について
  • 業務効率や生産性を飛躍的に向上させるには、大きな改革が必要
  • BPRの起源
  • 働き方改革によってふたたびBPRブームに
  • BPRを進めていくためのポイント

まとめ

参考

  • https://www.sbbit.jp/article/cont1/34446
  • https://www.kaonavi.jp/dictionary/business-process-reengneering/
  • https://www.cydas.com/peoplelabo/bpr/
  • https://www.nri.com/jp/knowledge/glossary/lst/alphabet/bpr
  • https://www.somu-lier.jp/goodstory/bpr/
  • https://www.innopm.com/blog/2019/11/15/bpr/
  • https://rpa-technologies.com/insights/self-governing-body-bpr/
  • https://www.concur.co.jp/newsroom/article/bpr-toha
  • https://tunag.jp/ja/contents/hr-column/3494/
  • https://www.cloudtimes.jp/dynamics365/blog/what-is-bpr.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です