Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)

導入












とは

DHCPとは「Dynamic Host Configuration Protocol」の略で、 IPv4ネットワークにおいて通信用の基本的な設定を自動的に行うためのプロトコルです。 RFC2131によって定義されています。

一般にIPv4での通信を行う際には、個々のホストに最低でも自身のIPv4アドレス、 サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバのアドレスを設定する必要があります。 ただ、このような設定をすべて手動で行おうとすると、 ホストの台数が増えるに従って手間が増えますし、間違いも起こりやすくなります。 これに対し、DHCPを利用すると、個々のホストはDHCPサーバに問い合わせをすることで、 各種設定に必要な情報を入手して、自動的に設定を行えるようになります。

IPv4アドレスについては一定の範囲から自動的に割り当てたり、 各ホストの識別子(MACアドレスなど)に対応した静的なアドレスを割り当てたりといった運用が可能です。 前者は不特定多数のユーザーを対象にした場合に適しており、 後者は登録ユーザーのみを対象とした場合に適しています。

なおDHCPには認証機能が定義されていないため、理論上DoS攻撃、中間者攻撃、 リソース枯渇攻撃などに対して脆弱です。 RFC3064やRFC3118で認証機能が提案されましたが、ほとんど普及していません。

またIPv6には複数のIPアドレスを自動的に設定する機能がありますが、 端末が対応するDNSサーバの自動設定方法や、IPv6アドレス管理の方針によって、 DHCPv6を利用することがあります。


DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、TCP/IPネットワークにおいてホストに設定情報を伝達するための仕組みです。
DHCPはクライアント・サーバ方式で、DHCPサーバがネットワークアドレスを動的に割り当て、設定情報とともにホストに送信します。


Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。 BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。

DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスに動的に割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする[1]。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる[1]

DHCPは、ホームネットワーク英語版)から大規模なキャンパスネットワーク英語版)、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる[2]ルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができる。ほとんどの家庭用ネットワークルータは、ISPネットワーク内でグローバルに一意なIPアドレスを受け取る。ローカルネットワーク内では、DHCPサーバがネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てる。

UDP/IPは、あるネットワーク上のデバイスが別のネットワーク上のデバイスと通信する方法を定義する。DHCPサーバは、IPアドレスを自動的または動的にデバイスに割り当てることによって、ネットワーク上のデバイスのUDP/IP設定を管理できる。

DHCPはクライアントサーバモデルに基づいて動作する。コンピュータがネットワークに接続したとき、当該のコンピュータ内のDHCPクライアントソフトウェアはDHCPクエリをブロードキャストで送信し、必要な設定情報を要求する。DHCPクエリは、ネットワーク上のどのDHCPサーバーでも処理できる。DHCPサーバは、プールされたIPアドレス、デフォルトゲートウェイドメイン名DNSサーバタイムサーバ英語版)などのクライアント構成パラメータに関する情報を管理している。DHCP要求を受信したDHCPサーバは、管理者が以前に設定したクライアントごとに特定の情報、もしくはネットワーク全体に有効なアドレスその他の情報、および割り当て(リース(lease))た情報が有効な期間を返信する。DHCPクライアントは通常、起動直後、およびその後定期的に情報の有効期限が切れる前にこの情報を照会する。DHCPクライアントが割り当てを更新するとき、最初は同じパラメータ値を要求するが、DHCPサーバは管理者が設定した割り当てポリシーに基づいて新しいアドレスを割り当てることがある。

複数のリンクで構成される大規模ネットワークでは、相互接続ルータ上に配置されたDHCPリレーエージェントによって、単一のDHCPサーバでネットワーク全体にサービスを提供することができる。DHCPリレーエージェントは、異なるサブネット上にあるDHCPクライアントとDHCPサーバとの間でメッセージを中継する。

DHCPは、IPv4IPv6のどちらでも使用される。どちらのバージョンでも目的は同じであるが、IPv4とIPv6のプロトコルの詳細は大きく異なることから別のプロトコルと見なされる[3]。IPv6のDHCPはDHCPv6と呼ばれ、 RFC 8415 で定められている。DHCPv6はDHCPv4とは互換性がないが、IPv6だけでなくIPv4のアドレスを割り当てることもできる。IPv6では、IPアドレスとネットマスクの情報をIPv6自体のアドレス自動設定機能により取得することもできるが、DNSサーバやNTPサーバなどほかの情報も自動取得するためにはDHCPが必要になる。


IPアドレスやサブネットマスク、ドメイン名などのTCP/IPの設定情報をダイナミックに割り付けるためのプロトコル。DHCPサーバは、主にクライアントのブート時などに、クライアントPCが自身のIPアドレスを自動設定するために用いられる。

 DHCPサーバに値を設定しておけば、クライアント自身が必要に応じて自動的に設定値を読み取って設定する。このため、すべてのクライアントに対して個々にIPアドレスを割り振ったり管理する必要がなくなる。このように、クライアントのネットワーク設定を自動化できるのが最大のメリットである。

 DHCPはもともとBOOTP(Bootstrap Protocol)が基になっている。BOOTPは、IPアドレス、サブネットマスク、ホスト名、ドメイン名、デフォルトゲートウェイなどの情報をBOOTPサーバから自動取得するためのプロトコルである。

 DHCPではそれに加えて、割り当てられたIPアドレスに利用可能期間(リース期間)を設定できる。また、クライアントに使用させたいDNSサーバやデフォルトゲートウェイのIPアドレスも自動設定できるのが大きな特徴となっている。

 IPアドレスのプールとしてDHCPサーバに割り当てるIPアドレスの範囲を設定すると、DHCPサーバは個々のクライアントにこの範囲でユニークとなるようにIPアドレスを割り当てる。

 DHCPサーバがクライアントに対してIPアドレスを割り当てる際、その有効期間を設定する「リース期間」を設けることができる。リース期間が過ぎたIPアドレスはいちど回収され、あらためてクライアントに再割り当てされるため、常に必要最小限度のIPアドレスでの運用が可能となる。


DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、LAN内のパソコンやスマートフォンなどにIPアドレスなどの情報を自動で割振り(設定)する機能のことを言います。
ネットワークの知識が少なくても無線LANやハブによる機器の増設が簡単に行えるのは、「DHCP」機能が自動でネットワーク情報を配信(設定)しているためです。


DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) は、ネットワーク接続するのに必要なIPアドレスなどの
 情報を自動的に割り当てるアプリケーション層プロトコルです。DHCPを使用すれば、IPアドレスに関する
 知識がないユーザでも、パソコンをケーブルに接続するだけで簡単にネットワーク接続することができます。


DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能とは、LAN上のパソコンが起動すると、その都度、IPアドレスなどのネットワーク利用に必要な設定情報を、本商品から各パソコンに自動的に割り当てる機能です。
これにより、各パソコンでネットワークの詳細な設定を行わなくても、LANやインターネットに接続することができます。


DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能とは、LAN上のパソコンなどが起動すると、その都度、IPアドレスなどのネットワーク利用に必要な設定情報を、本商品から各パソコンなどに自動的に割り当てる機能です。
これにより、各クライアントでネットワークの詳細な設定を行わなくても、LANやインターネットに接続することができます。


コンピューターがネットワークに接続する際に、自動的にIPアドレスを割り振るプロトコルのこと。

ネットワーク設定を手動で行わなくても、適切な設定で接続できるので、管理者の負担が軽減されることが最大の利点といわれている。また、接続していたコンピューターが通信を切断すると、自動的にアドレスなどを回収し、新たに接続したほかのコンピューターに割り当てることが可能。家庭のインターネット接続環境ではブロードバンドルーターなどがDHCPサーバー機能を内蔵している場合が多い。企業のネットワークなどでは、一般的にサーバーコンピューターがほかのネットワーク管理機能などとともにDHCPサーバーとして稼動している。

ただし、DHCPサーバーがダウンしたとき、ネットワークに接続できなくなったり、環境によってはDHCPサーバーを複数台設置しなければならずコストがかかったりするというデメリットもあり、DHCPを使えばいいというわけではない。




H2候補

  • DHCPの利点
  • DHCPの問題点
  • DHCPの仕組み
  • DHCPは何のためにあるのか?
  • DHCPを利用するには?
  • DHCPクライアント
  • DHCPで配信(設定)されるのはIPアドレスだけ?
  • DHCPのその他
  • DHCPの構成要素
  • DHCPのパケット
  • DHCPの仕組み
  • DHCPサーバ機能
  • リースタイム
  • アドレス割当パターン
  • 割当先頭アドレス
  • 割当数
  • WINSサーバアドレス

まとめ

※ このページは現在準備中です。記述内容は、以下の参考リンクより抜粋したものです。

参考

  • https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/dhcp.html
  • https://www.ccjc-net.or.jp/~kouza/199805/dhcp2.html
  • https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00780/062000010/
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/Dynamic_Host_Configuration_Protocol
  • https://www.atmarkit.co.jp/aig/06network/dhcp.html
  • https://www.cman.jp/network/term/dhcp/
  • https://www.infraexpert.com/study/tcpip13.html
  • https://www.aterm.jp/function/guide4/list-data/common/main/m01_m8.html
  • https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/dhcp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です