BCP(事業継続計画)

導入

テロや災害、システム障害など危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びられるようにしておくための計画。


日本は自然災害が多く発生する国です。また現代社会は、テロや火災など人的脅威や人的災害も看過できなくなっています。そうしたさまざまな緊急事態に対処できる会社の力が高く評価される今、注目されているのがBCP。


あらゆる企業や組織にとって災害などの緊急事態に際し、損害を最小限に抑え、事業の継続や早期復旧を図ることは非常に重要です。そのためには事前に事業継続のためのBCP(事業継続計画)を策定しておく必要があります。

では、BCPを策定するにあたり具体的に何から着手し、どう対応すればよいのでしょうか?

ここではBCPに関する基礎知識、BCP策定の手順や注意点を紹介します。


「非常時に備えて、BCP策定よろしく」
「そろそろBCPについて考えた方がいいんじゃない?」

…そんな言葉を耳にして「BCPって何だ?」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。
本記事では、そんな皆様の「BCPとは?」を解決し、策定の手順をチェックリスト付きで解説していきます。









とは

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。


BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)の頭文字を取った言葉です。企業が、テロや災害、システム障害や不祥事といった危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びることができるようにしておくための戦略を記述した計画書です。また、事業継続のための戦略はBCM(Business Continuity Manage ment)と呼ばれています。


BCPとは、自然災害や事件、テロといった緊急事態が起きた際、事業資産への被害を最小限に食い止め、中核事業を継続させていち早く事業全体を復旧させるために、平常時や緊急時におけるさまざまな対策や方法をまとめた計画のこと。

「Business Continuity Plan」の頭文字を取ったもので、企業のリスク管理のひとつとして注目を集めています。


BCPとは災害などの緊急事態における企業や団体の事業継続計画(Business Continuity Planning)のことです。このBCPの目的は自然災害やテロ、システム障害など危機的な状況に遭遇した時に損害を最小限に抑え、重要な業務を継続し早期復旧を図ることにあります。特に日本では2011年の東日本大震災をきっかけにその重要性がますます注目されています。


事業継続計画(じぎょうけいぞくけいかく、英語: Business continuity planning, BCP)とは、災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画[1][2][3]事業継続と復旧計画(Business Continuity & Resiliency Planning, BCRP)とも呼ばれる。企業に対する潜在的な脅威に対処するための予防に加えて、ディザスタリカバリによる事業の継続的な運用を可能にすることを目標とする[4]

類義語としてコンティンジェンシープラン緊急時対応計画)があり、この語も非常事態が発生した場合の対応策をまとめた計画を表すが、事業継続よりも緊急時の初動計画に力点をおいている[5]。また、事業継続計画 (BCP) を策定し、運用し、継続的に改善する活動を、事業継続マネジメント (BCM) と呼ぶ。


BCPとは「Business Continuity Plan」の略で、日本語では「事業継続計画」と呼ばれます。

より詳しく説明すると、企業が「緊急事態」に直面した場合、損害を最小限に食い止めつつ、中核となる事業を継続もしくは早期に復旧させるため、緊急時における事業継続のための方法などを取り決めておく計画のことです。


BCPとは「Business Continuity Plan」の略であり、事業継続計画を意味しています。事業継続計画というのは、企業が自然災害や大火災などの緊急事態に遭遇した際に、損害を最小限に抑えつつ事業の継続や復旧を図るための計画のことです。


BCP(事業継続計画、Business Continuity Planningの略)とは、これまでに築いた企業の競争力と企業価値を維持することを前提に、災害や事故を含む社内外の脅威に対し、効果的な対策と企業体力の回復を図る計画のことです。





H2候補

  • 守るべき業務と水準の目標設定
  • 目標と現状のギャップ認識
  • BCPの流れ
  • 2.BCPを推進する背景、理由
  • 3.BCPの策定状況
  • 4.BCPの目的
  • 5.BCPと防災計画との違い
  • 6.BCPのメリット
  • 7.BCPの問題点、課題、デメリット
  • 8.BCPを作成する方法、流れ、ステップ
  • 9.BCP作成のテンプレート、フォーマット
  • BCP(事業継続計画)のQ&A
  • リスク確認から始まるBCP策定のステップ
  • 災害発生時の復旧までの流れを意識して必要なことを把握する
  • BCP策定の注意点とは?最初から完璧を目指さない適切な計画を
  • BCPの策定を怠るリスク・影響とは?
  • BCPとBCMの違いとは?
  • BCPと防災の違いとは?
  • BCPを策定するための手順
  • BCP策定に漏れはない?チェックリストで自己診断
  • なぜ私たちはBCP対策をするべきなのか?
  • BCPが推進されている背景と目的
  • BCPの策定はどのような手順で進めるべきか
  • BCPを策定することで得られる3つのメリット
  • アフターコロナにおけるBCP策定のポイントとは
  • ウィズコロナ、アフターコロナ時代のBCP対策をサポートします

まとめ

参考

  • https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_c/bcpgl_01_1.html
  • https://www.nri.com/jp/knowledge/glossary/lst/alphabet/bcp
  • https://www.kaonavi.jp/dictionary/bcp/
  • https://www.ntt.com/bizon/bcp/planning-attention.html
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E7%B6%99%E7%B6%9A%E8%A8%88%E7%94%BB
  • https://bcp-manual.com/bcp/bcp_checklist/
  • https://www.persol-wd.co.jp/column/bcp.html
  • https://anpi.toyokumo.co.jp/feature/aboutbcp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です