ABC分析

導入

ABC分析の手法を初心者でも分かるよう解説します。ABC分析とは、重点分析とも呼ばれる手法で、たくさんある指標の中から重視するポイントを決め、優先度を決めて管理していこうという方法です。

ABC分析とは、売上高・コスト・在庫などの指標を大きい順にランク付けし、優先度を決め管理するための分析フレームワークだ。この記事では、ABC分析の目的とメリット、基本的な分析の進め方について解説する。

「ABC分析」。聞いたことがない人もいるかもしれないが、企業の経営戦略の立案やマーケティングの強化を行うための基本的なデータ分析法の一つである。世の中の様々な事象は決して平均的でなく、偏りあるという考え方だ。代表的なのは「80:20の法則」である。以下はその例だ。

・売上の8割を生み出すのは、2割の顧客である。
・売上の8割を生み出すのは、2割の社員である。
・ウェブサイトのアクセスの8割は、2割のページから生まれる。
・業務時間の2割で、8割の結果が生み出される。

この考え方をもとに、製品の売上・コスト・在庫などをウェイトが大きい順にランク付けして管理・分析することをABC分析という。ABC分析の具体的な手法と活用方法を紹介していこう。

事業で取り扱う商品にも売れ筋のものとそうで無いものがあると思います。

人気の違う商品に、それぞれどれくらい手間をかけて管理すれば良いのかという疑問には、本稿で解説するABC分析が役立つかもしれません。

また、記事の後半では、パレートの法則やロングテール理論といった考え方を用いて、商品の効率的な管理方法をご説明します。是非、本稿を商品の管理にお役立てください。

今回はマーケティング分析の基本である「ABC分析」、別名「重点分析」と呼ばれる分析フレームワークについて解説します。簡単に説明しますと、ABC分析はいくつかある指標の中から注視すべきポイントを決めて、優先的に商品を管理するための手法です。売上高、販売個数、売上利益などを重要度順に並べ、管理対象の優先度を選定するのに役立ちます。マーケティンング担当者としては是非とも知っておきたい分析フレームワークなので、この機会に習得してみましょう。

実店舗で限られたスペース内に商品を保管している場合、適切に在庫管理を行うのは重要です。ニーズに対して在庫が少なく品切れを起こせば、大きな機会損失につながります。

一方で、日常的に在庫と売れ行きを把握し、頭を悩ませながら発注を行うのは非効率かもしれません。

こちらでは、在庫管理が大幅に楽になる「ABC分析」をエクセルで実施する方法についてわかりやすくお話します。

ABC分析とは、優先的に在庫管理を行うべき原材料や製品を分析する手法のことです。 在庫管理の効率化が行えます。

ABC分析

「在庫削減をしなければいけないのに、どこから手をつけていいのかわからない」
「売れ筋商品を欠品してしまい、売り逃がしが発生した」
そうした在庫管理をめぐる問題を解決するフレームワークのひとつが「abc分析」です。

abc分析は在庫管理にとどまらず、マーケティングや売上分析、営業戦略、顧客管理まで、広く経営課題を解決するために使われている分析方法。
今回は経営効率アップを実現させるabc分析の基礎知識を身につけましょう。

お店の売上アップは全てのお店の至上命題ですが、何もしないで勝手に売上が増えていくことはありません。
様々な売上アップ施作を試していきながら、少しずつ改善していくことが近道です。しかし、何から手をつけたらいいか、よくわからないという声をよく聞きます。
今回は、ABC分析という売上分析手法を中心に、売上アップを実現していくためのレジの正しい使い方をご紹介します。

ABC分析とは、在庫商品の金額や売上などの指標の中から重視する評価軸を決め、商品を累積構成比の多い順にA・B・Cの3グループに分類し管理する方法です。重点分析と呼ばれることもあり、複数ある商品に対して重要度や優先度を決めることで、それぞれのグループを最適化し理想的な在庫管理を実現することができます。

この記事では在庫管理におけるABC分析とは何か、分析方法と注意ポイントもあわせて紹介します。

ABC分析とは

ABC分析とは、重点分析とも呼ばれる手法で、多くの指標の中から重視するポイントを決め、優先度を決めて管理していこうという方法です。

たとえば、売上高、販売個数、売上利益などを重要度順に並べて、管理対象の優先度を選定する場合にABC分析を利用可能です。

ABC分析は特に、売上分析の場で用いられることが多い手法ですが、そういったマーケティングだけでなく、効率よく正しい戦略を立てて経営を行うために、さまざまな場面で重要となる考え方です。

またABC分析では、対象を変えることによってさまざまな観点から管理方法を見直せます。

たとえば「商品の売上」でのABC分析は、商品ごとの売り上げ順に並べランクを分けます。「Aランクの商品は売上高が高いので商品の在庫を増やそう」「Cランクの商品は棚から外すべきなのか」と判断できます。

ABC分析のグループ分けのグラフ

このように現状把握し、今やるべき戦略を優先順位をもとに考えられるのがABC分析のメリットです。売上高からのABC分析だけでなく、対象を「販売個数」「売上利益」などに変えることによって、その観点から管理方法の戦略を立てられます。

 ABC分析(パレート分析)とは、パレートの法則に基づいた分析フレームワークで、売上高・コスト・在庫などの指標を大きい順にランク付けし、優先度を決めて管理するためのものだ。ABC分析は別名「重点分析」とも呼ばれ、重要度の高いものからA、B、Cに分類し管理する。もともとは在庫管理で行われていた分析方法だが、やがて品質管理、得意先管理などにも取り入れられるようになった。

●ABC分析のベースにある「パレートの法則」
 パレートの法則とは「売り上げの8割は全体の2割の商品で生み出している」という考えだ。イタリアの経済・社会学者V・パレートによって唱えられた法則であり「少数要因によって大勢は左右される」という社会現象を法則として定義したものである。その特徴から「80:20の法則」または「ばらつきの法則」とも呼ばれる。

 ABC分析は、このパレートの法則の考え方をもとにした管理手法だ。ABC分析では売上高の割合を累積の売上高の割合が70%以下の商品群をA、71%~90%をB、91%~100%をCというグループに分け、Aの商品を重点的に管理する。

●ABC分析の目的
 ABC分析の目的は、主に次の2点である。

  • 事業を効率化して企業や店舗の経営力を高める
  • 実態に即した経営戦略を立てるインプットとする

 ABC分析によって得られる現状を確認して力を入れるべき商品や顧客層などを把握することで、事業を効率化して企業や店舗の経営力を高めることが可能だ。また、定点観測としてABC分析を実施し、実態に即した経営戦略を立てるインプットとしても活用されている。

●ABC分析のメリット
 ABC分析のメリットは、主に次の2点である。

  • 現状を可視化して把握できる
  • 時系列で施策の効果を測定できる

 例えば、在庫管理では「現在どの商品が売れ筋で、店舗の売り上げに貢献しているか」を明確にできる。売れ筋商品の在庫は切らさないようにしつつ、「あまり売れていない商品の在庫は減らす」「販売をやめる」といった検討も可能だ。

 売上高の内訳を数値化できるため、定期的な計測と比較が可能な点もABC分析のメリット。1か月ごとにABC分析を続けて、「対策を講じた後にどのような効果があったか」について測定し、次の対策を検討する場合にも利用しやすい。

ABC分析とは、商品を売上高などの重要度によって分類する方法で、重点分析などと呼ばれることもあります。

例えば、重要度を売上高として、売上高の順に取扱商品を並べ、累積売上高割合が70%を占める商品グループをA、70%~90%の商品グループをB、90%~100%の商品グループをCといったグループ分けを行います。

その結果、売上高への貢献度の高いAグループに分類された商品は、商品発注、在庫管理、販売管理などにおいて重点的に管理を行い、逆にCグループの商品は簡易な管理を行うことが、より効果的であるといえます。

もちろん重要度は売上高だけとは限りません。売上総利益や販売個数なども重要度となり得ますので、事業の実態に合わせて複数の重要度によって分析することが大切です。

ABC分析 (エイビーシーぶんせき)とは「重点分析」とも呼ばれ在庫管理などで原材料、製品(商品)等の資金的重要度を分析する手法である[1]。在庫の資産としての価値などの評価(重要度)別に段階的な管理手順を適用する[2]。この手法は品質管理におけるパレート分析に類似している。

ABC分析は商品の売上高や販売個数、あるいはコストや在庫などウェイトが大きい順にランク付けを行い分析し、優先的に管理する対象を決めるための分析フレームワークです。「ウェイトが大きい」とはつまり、「会社にとって利益になる」「重要度が高い」ことを意味します。ウェイトが大きい商品に対して重点的に経営資源を投下することが会社の目標達成に必要不可欠です。ABC分析はシンプルな分析フレームワークとして知られていますが、経営戦略やマーケティング施策を立案する上で基礎となる分析結果が得られるので、データ分析に精通している人でもよく使用するのが特徴です。

ABC分析の起点はイタリアの経営学者ヴィルフレド・パレートが提唱した「80:20の法則(パレートの法則)」です。企業の売上というのはその大体が8:2の割合で特定の商品に占められていると考えられており、より売上比率の高い商品のマーケティングに注力することが経営資源を効率的に分配する方法となります。

また、商品ごとの売上高だけでなく顧客別の売上高、コスト、在庫、原材料など数値化できるデータからABC分析を実施することで様々なウェイトの基準を設け、それらを組み合わせて分析することで広範囲に応用が効きます。

ABC分析とは、複数のデータを「重要度」にもとづいて分類する方法です。重要度が高い順にA、B、Cと分類することからABC分析と名付けられています。重点分析という名称も一般的です。

ABC分析はさまざまなデータの分類に活用されます。

代表的な例が在庫管理です。複数の商品を並べ「売上」を重要度としてABC分析を実施すると、総売上高への貢献度が高い商品と貢献度の低い商品がわかります。このABC分析の結果にもとづいて、在庫の補充数や取り扱い中止する商品を決められます。

以下は生鮮食品店の売上データから、ABC分析を行った例です。

売上への貢献度が大きい重要な品目はAランクに格付けされます。Bランクの商品はAランクより一段階重要度が低い商品です。Cランクはさらに一段階重要度が低いことを意味します。

2018-11-08_12h23_15

ABC分析の指標の元となるパレートの法則

ABC分析に関連する重要な考え方が、「パレートの法則」です。

商品の売上高の例では、少数の商品の売上高が総売上高のほとんどを占めているケースは少なくありません。このような経験則をパレートの法則といいます。

2018-11-08_12h40_18

商品管理だけではなく、多くの経済、ひいては自然現象や社会現象にまであてはまる法則です。

abc分析は、すべての品目から重要な項目を見つける分析手法です。

すべての製品を同じように管理していてはリソースがすぐに尽きてしまうので、 優先順ごとにクラス分けをし重要な事柄を重点的に管理するのがabc分析の目的です。別名「重点分析」とも呼ばれています。

パレートの法則イメージ

abc分析は、イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した「パレートの法則」という統計モデルの考え方がベースになっています。

◆パレートの法則
全体のうちの一部の要素が、大きな影響力を持っているという考え方

パレートの法則は「2:8の法則」や「ばらつきの法則」とも呼ばれています。

ABC分析を一言でいうと、「売上高等を基準に、商品を構成比の多い順からA、B、Cのグループに分け、それぞれを管理していく手法」です。
ここでグループ分けを行うというのがポイントです。
商品の売上構成比を大きいものから順に足していき、70%に達するまでの商品群をAグループ、70〜90%の範囲をBグループ、90%〜をCグループとします。
分析というと非常に難しそうに聞こえますが、実態は非常にシンプルです。

ABC分析とは、在庫商品の金額、売上などの指標の中から重視する評価軸を決めて分類し、管理する方法です。重点分析と呼ばれることもあり、複数ある商品に対して重要度や優先度を決めることで効果的に管理できます。

ABC分析では下の図のように、A・B・Cの3つにグループ分けをして管理します。

ABC分析とは

売上を評価軸として分類した場合、Aグループに分類された商品が売上の大部分を占める最重要品目であるため、絶対に欠品を起こさないような在庫管理が必要になります。

Bグループについては基本的に現状維持で十分であると考えられます。

Cグループについては売上自体はあるものの全体に占める割合が少ないと考えられ、在庫管理における重要度はあまり高くありません。場合によってはより利益が見込める商品への入れ替えを検討するか、取り扱いをやめるのも良いでしょう。

このように売上などの評価軸を元に重要度別にランク付けし、グラフなどを利用して見える化したうえで在庫の最適化を目指すのがABC分析の考え方です。

在庫切れや欠品を防ぐためには、発注方法の見直しが重要です。発注について詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

ABC分析のやり方

ABC分析の3つの手順

ABC分析で注意すべきポイント

ABC分析+在庫管理システムの導入がおすすめ

abc分析と在庫管理

abc分析とパレート図

ロングテール理論

データ・ドリブンを成功に導くIoT

エクセルABC分析のやり方を解説

ABC分析で在庫管理が容易に

パレート図の作成

ABC分析のメリット

データ分析ツールを利用する

ABC分析は売上分析の初歩

分類の方法

ABCクラス仕分けと重点管理

ABC分析の他分野への応用

ABC分析の目的とメリット

ABC分析の進め方と手順

Excelを使った簡単なABC分析の進め方

ABC分析の活用シーンABC分析の活用法

ABC分析は現状把握の第一歩

ABC分析の手法(売上分析の場合)

ABC分析の他の管理方法との関係は?

ABC分析の分類方法と利用方法

経営戦略に使えるABC分析ツール厳選4サービス

ABC分析を経営に活かそう

まとめ

参考

  • https://boxil.jp/mag/a1590/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=bidsa-ky#1590-4
  • https://www.sbbit.jp/article/cont1/53364
  • https://the-owner.jp/archives/664
  • https://biz.moneyforward.com/accounting/basic/22225/
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/ABC%E5%88%86%E6%9E%90
  • https://www.marketing-intelligence.jp/blog/abc-analysis
  • https://udemy.benesse.co.jp/marketing/basic/abc-analysis.html
  • https://www.smartmat.io/column/abcanalysis
  • https://manageboard.jp/blog/regi-sales-abc-analysis/
  • https://it-trend.jp/inventory_control/article/97-0035

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です